二次会の景品をうまく選ぶために知っておきたいこと

二次会の景品を決める時には、サイズや形に注意しておくと良いです。

大型の物や特殊な形状の物にすると、二次会の当日に持ち帰るのが大変になってしまいます。

ですから、どうしてもこのような物を景品にしたい場合には、なるべく目録で渡せるようにしておくと良いでしょう。



もう1つ気をつけておきたいのが、アイテム自体の魅力で、平凡な物を避けつつ実用性のある物を選ぶのがコツです。
ありきたりの物ではつまらないですが、使いたいと思わない物であれば邪魔になってしまいます。

形として残ってしまうのが気になる場合には、使うとなくなる物を二次会の景品として用意すると良いです。



例えば、食べ物は食べればなくなります。


飲み物も同様で、飲めばなくなりますから、邪魔になることがありません。

日常的に食べることがないようなブランド牛や鍋セット、ジュースの詰め合わせなど高級感や華やかさがある物を二次会の景品として選べば、きっと盛り上がることでしょう。ちなみに、形として残る物だとしても、使わない時にはたたんでおける物であれば、もらってもあまり困らないものです。

例えば、キャンプ用のテーブルと椅子のセットは、普段使わない時にたたんでしまっておけます。
アウトドア用品は他にも魅力的なものがあり、防水加工が施されているミニテントというのも良いものです。サイズが小さくて柄も華やかでかわいらしいですから、楽しい雰囲気の二次会で用意するのにピッタリでしょう。




Copyright (C) 2016 二次会の景品をうまく選ぶために知っておきたいこと All Rights Reserved.